外壁塗装にかかる費用の目安(相場)と、具体的な工事内容

コンテンツ

この記事では、外壁塗装工事にかかる費用の目安や、見積もり例をご紹介します。

相場を把握することで適切な価格で工事をすることができますので、悪質業者に騙されないためにしっかりと把握しておきましょう。

▼(無料)外壁塗装の料金相場が10秒でわかります!▼
相場チェックスタート!

外壁塗装工事にかかる費用の目安と相場

外壁塗装工事にかかる合計金額は、一般的な広さの戸建て(約30坪)で100万円程度を目安に考えると良いでしょう。そこから、家の広さや塗装の範囲、塗料のグレードによって総工費が前後するイメージです。

工事費用の内訳としては「塗料代+工事費用+人件費」です。

この3つは見積書では合算して計算されるため、分けて考えることは難しいです。

塗料ごとの工事費用をチェック

塗料によってかかる工事費用には差が出てきます。

主に利用する塗料としては以下の3つがあります。

  1. ウレタン系塗料
  2. シリコン系塗料
  3. フッ素系塗料

それぞれの特徴を詳しく解説していきましょう。

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は価格が安く、耐用年数は8年〜10年程度です。最近までは主流の塗料でしたが現在ではシリコン系塗料にその座を譲っています。

耐候性や耐摩耗性が高く木材との相性が良いです。

価格を重視するのであればウレタン系塗料が向いています。

シリコン系塗料

ウレタン系塗料より少し費用が高く、工事費用はおよそ5万~10万円高くなり、耐用年数は10年〜15年になります。

紹介する3種類の中では最もコストパフォーマンスが高い塗料です。住宅の外壁塗装において現在の主流となっている塗料でもあります。

粘着性が強く光沢が長持ちする傾向があり、紫外線や汚れに強いという特徴もあります。

フッ素系塗料

ウレタン系塗料の工事より15~20万円程度高くなり、耐用年数は15年〜20年もあります。非常に汚れにくく耐候性耐久性が高い塗料ですので、公共施設やスカイツリーなどでも利用されています。

価格が高いかわりにメンテナンスの手間がかかりにくい塗料と言えるでしょう。

外壁塗装工事にかかる見積り例

一般的な住宅である30坪の家を例にして、外壁塗装工事にかかる見積もりシュミレーションしました。

名称内容数量単位単価金額
仮設工事
足場くさび式足場288.0架㎡1,000288,000
養生メッシュシートなど288.0架㎡450129,600
外壁工事
高圧洗浄水洗い149.025037,250
塗装シリコン系塗料128.02,500320,000
付帯部工事
軒天下地処理、塗装30.01,42042,600
破風下地処理、塗装49.077037,730
小計855,180
諸経費128,277
値引き-1,871
合計981,586
消費税8%68,414
総計1,050,000

諸経費には以下のようなものが含まれています。

  • 工事監督の人件費
  • 業者が工事をする上でかかる事務手数料
  • 業者の利益

業者の利益を少なくしたいために諸経費を減らそうと考えた場合、工事が手抜きになる恐れがありますので注意しましょう。

値引きというのはお釣りが出ないように総計額を調整するための項目です。「調整額」などと表記されることもあります。

値引き項目が10万円を超えているような業者は、警戒したほうが良いです。総額を相場よりも高くして、大きく値引きしているように見せかけている悪質業者の可能性があります。

外壁塗装の工事内容・工程

見積もり例における各工事内容の解説をします。

業者任せにしてしまうと騙されても気づかないといった事態になりますので、最低限の項目は把握しておきましょう。

■足場

外壁塗装工事をする上で欠かせないものが足場です。

外壁塗装工事において大きな割合を占める項目ですので、足場費用が無料だという業者があったら注意した方が良いでしょう。

■養生

足場にメッシュシートをかけて塗料の帽子を飛散したり、塗ってはいけない場所を保護したりするための項目です。

これが無いと周辺の車や住宅に塗料が飛散して賠償責任を負うことになります。

■高圧洗浄

外壁の塗装する前に汚れや劣化した塗料を落とさなくてはいけません。

高圧で水を噴射して洗浄するのが一般的です。

高圧洗浄する際には依頼主の住宅から水道を借りる必要がありますので覚えておきましょう。

■塗装

塗装作業の項目です。塗料代の他に人件費や工事費も含まれています。

塗料の種類によって価格は変動します。

■付帯部工事

軒天とはベランダなどの下にある天井部分です。また、破風は屋根の横の部分を指します。

他にも付帯部が加わることがあります。

上記はシリコン系塗料による外壁塗装の一例でしかありません。業者や塗料によって価格は50万円以上も変動することがあります。

見積もりの項目は施工業者ごとに異なりますので、今回の見積もり例は参考程度に留めておいてください。

外壁塗装の相場・工事内容のまとめ

塗装工事にかかる合計費用は、一般的な広さの戸建てで100万円前後のケースが多く、使用する塗料や建物の広さによって価格が変動します。

例えば、安価なウレタン系塗料を使って100万円前後かかる場合は、高性能なフッ素系塗料を使うと115万円程度かかるイメージです。

現在はシリコン系塗料が最もコストパフォーマンスが高く実績もあります。使う塗料で迷ったら、「シリコン系塗料」を選んでおけば間違いありません。

また、同じ塗装工事でも、業者によって50万円以上費用が違うこともあります。

少しでも価格を安くしたいのであれば、最低でも2社以上から見積もりを取って、費用や工事内容を比較することを強くオススメします。

塗装工事の見積もりを1社だけに頼ってしまうと、悪質業者に騙されてトラブルになるリスクが高くなるので気をつけてください。

アドバイザーと相談しながら優良業者を比較できる無料サービスヌリカエ」を利用されると、業者選びに失敗するリスクが大幅に減るのでオススメです。(完全無料)
“満足度の高い” 塗装業者比較サイト 3選
ヌリカエ
ヌリカエ

ヌリカエは、厳選された塗装専門業者から一括見積もりができる無料サービスです。

完全無料で信頼できる業者が見つけられることが人気を集め、現在は累計利用者数は700万人を突破。塗装業者の比較サイトの中でも最大級のサイトです。

加盟業者の参加条件・審査がとても厳しく、参加業者の信頼性は他のサイトに比べて頭一つ抜けています。

また、専門アドバイザーを通して塗装業者選びを無料でサポート。匿名・無料で、費用の相場も10秒の入力でスグわかるので便利です。

外壁塗装で失敗したくないなら、コチラを利用すれば大丈夫です。

外壁塗装の窓口
外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口は、全国1,500以上の塗装専門業者から一括見積もりが依頼できる、業界最大級の外壁塗装のマッチングサイトです。

審査も厳しく、通過できた塗装業者は9.8%しかいないため、信頼度も高いです。

期間限定ではありますが、今なら「業界事情ネタバレ」小冊子がもらえるので、裏事情が知りたい方や塗装工事に詳しくない方はチェックしてみると良いでしょう。

プロヌリ
プロヌリ

住宅関連の一括見積りサイトを運営するアイアンドシー・クルーズが提供する、外壁塗装の一括見積りサイトの「プロヌリ」。

割と最近のサービスですが、比較サイトのノウハウが十分にあるので、使い勝手が良いと評判です。

厳選された全国300社の塗装業者の中から最適な塗装業者が見つかります。

塗装業者比較サイトを検索する

エリア
フリーワード
加盟業者数
こだわり検索
コンテンツ
はじめての外壁塗装
タイトルとURLをコピーしました